目次

みえない
価値を
カタチにする

デザインとは”形”をつくることだけではありません。視点を変え、情報を再構築することで、まだみえていない価値を見つけ出し、新しいカタチをつくること。
それが、私たちの考えるクリエイティブ・デザイン=ブランドづくりです。

JOURNAL

難しいウェブ用語を使わず、Googleマップをブログに埋め込む方法を解説します。
難しいウェブ用語を使わず、Googleマップをブログに埋め込む方法を解説します。 category : knowledge
update. 2017.12.05

よくブログにGoogleマップが埋め込まれていることがあります。 「専門的な技術が必要なのでは?」 と思っている方もいるかも知れませんが、とても簡単なので解説いたします。 しかも難しいウェブ用語は使わずご説明します。 (私の考える範囲のウェブ用語ですのでご了承くださいませ)   まずはGoogleマップを開き、目的の場所を検索します。     検索結果が表示されたら左のメニューにある共有ボタンをクリックします。     次に「地図を埋め込む」をクリックします。 表示されているリンクをコピーしてブログに貼り付けます。     これで完了です。 下の地図がコピーしたリンクを弊社のブログに貼り付けたものです。     ただし、Googleマップの横幅がサイトの幅より狭くなっております。   もし、Googleマップの幅をサイトの横幅(掲載可能な幅)にそろえたい方は、 左側の下向き矢印をクリックします。 すると「カスタマイズ」という項目が出てくるので、選択します。     Googleマップを表示する横幅と縦幅を入力し、リンクをコピーしてブログに貼り付けます。 私は1000×600と致しました     これで完了です。 横幅が揃いましたね。     ブログによっては「HTMLで記述する」、「iframeを埋め込む」いったボタンが用意されていて、 そこをクリックして開いた場所にリンクを貼り付けないとGoogleマップとして表示されない場合もありますでの、 「HTMLで記述する」、「iframeを埋め込む」などのボタンを探してみてください。     「HTML」に「iframe」。 やっぱりウェブ用語を使ってしまった。   ※Googleマップは仕様が変わることが度々あるのでご注意ください。

more
NEXT