目次

みえない
価値を
カタチにする

デザインとは”形”をつくることだけではありません。視点を変え、情報を再構築することで、まだみえていない価値を見つけ出し、新しいカタチをつくること。
それが、私たちの考えるクリエイティブ・デザイン=ブランドづくりです。

JOURNAL

海外旅行のレンタルWi-Fiとプリペイドスマートフォンの比較
海外旅行のレンタルWi-Fiとプリペイドスマートフォンの比較 category : international
update. 2019.11.24

シンクメディア、フライフィッシング担当の次山は数日前からニュージーランドに来ています。ニュージーランドは南半球にあるので、これからが夏の始まり、つまりトラウトが活発に虫を捕食する時期で、フライフィッシングベストシーズンの入口なのです。どうやって釣るのか、どれだけ釣れたのか、などの話を始めてしまうとキリがないので、今回はニュージーランドでプリペイドスマートフォンを購入した話を書きたいと思います。   普段ニュージーランドに行く時は、あるいはその他の国に行く際にも、私はレンタルWi-Fiを借りていました。このレンタルWi-Fiがあれば普段使っているスマートフォンやノートパソコンがそのまま海外でも使えるからです。例えば「イモトのWi-Fi」や「グローバルWi-Fi」などが有名どころです。旅行先、日数、通信量、通信速度により様々なプランが用意されていて、ウェブページ上で予約し出発時に空港で受け取ることができます。短期間の旅行であればこの方法が最も簡単で経済的だと思いますが、長期間の旅行となるとかなり高額なレンタル費となる場合があります。 そこで今回、「レンタルWi-Fiではなく、ニュージーランドの回線を持ってしまった方が良いのではないか?そしてそのニュージーランドのスマホと自分のスマホをテザリングで繋ごう!」と考えたのです。ニュージーランドの回線、つまりニュージーランドの電話番号を割り振られたスマートフォンを持つ方法は二通りあります。   ①渡航先(ニュージーランド)のSIMカードを購入する。(SIMフリーのスマートフォンを所有している必要がある) ②渡航先(ニュージーランド)でプリペイド式のスマートフォンを購入する。(現地に住所が無くても簡単に購入できる)   ①について 恥ずかしながら私はSIMフリーのスマートフォンを所有していません。今回のアイデアを思いついた後も時間を割くことができず、SIMフリースマートフォンを購入することができませんでした。現在所有しているスマートフォンもキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に持ち込めばSIMフリーへの手続き(SIM解除)をしてもらえるのですが、訳あってそれもできませんでした。こうなれば現地でSIMフリースマートフォンを購入するしかありません。しかし現地に到着後、空港のVodafone(ニュージーランド最大手)ストアでも、最寄りの街のVodafoneストアでもSIMフリー端末は扱っていないとのこと。きっともっと専門的な店に行かなければ手に入らないのでしょう。   この時点で私はネットワークに繋がっていない状態なので、レンタカー予約情報、ホテル予約情報、位置情報などなど確認することができずとても不便です。。。   ②について ここで私は「プリペイド式のスマホにしよう!」と別の方向に舵を切ることにしました。VodafoneストアではVodafoneオリジナルスマートフォンが売られていて、そこに好きなだけデータプランをトップアップ(チャージ)できるのです。いわゆるプリペイド式です。Vodafoneストアでもスーパーマーケットでもコンビニ的な店でも好きな時に好きなだけトップアップすることができます。残念ながらこのVodafoneオリジナルスマートフォンはSIMフリー端末ではないので、他のSIMを挿して他の国で使うことはできません。あくまでニュージーランド国内だけで使えるスマホです。かつて日本のキャリアが販売したスマートフォンのように意図的にプロテクトされているからです。それでも十分魅力的かも! 支払った金額は Vodafoneオリジナルスマートフォン4G電波モデル 99NZD データ通信40G、電話通話50分無料、テキスト50回無料、使用期限30日間のプラン 65NZD 手数料?(SIM代?) 5NZD 合計169NZD=11830円   肝心の使い勝手は? とても使いやすいです。というよりテザリングで自分のスマホと繋いでいるだけなのでほとんど触っていません。まさにレンタルWi-Fi代わりです。テザリングで繋ぎ、自分のスマホを普段使いしていても40Gは十分すぎる量だと思います。1日に1Gも使いません。電話は無料ですが使いません。テキストも無料ですが使いません。注意点としては、常にテザリングで接続しているとバッテリーの消耗が早いので、丸1日は保ちません。車で移動中に充電を心がけたほうが良いでしょう。または小まめに接続と切断を繰り返しても良いでしょう。 結論 非常に満足度が高く、なぜ今まで使わなかったのか・・自分でも不思議です。 海外旅行に行く際には強くお勧めします。いいえ、全ての人にお勧めします。まずはSIMフリースマートフォンを用意しましょう。それができなければ現地でプリペイドスマートフォンを購入しましょう。   最後に さっき凄いレインボートラウトが釣れました!  

more
NEXT