目次

一覧へ

スマホで簡単にできる、おいしそうな食べ物写真の撮り方

up to date : 2016.04.21 Thu

こんにちは、自称「今だけパパラッツィ」の植木です。

 

今日はスマホで簡単にできる、

食べ物写真を撮るときのティップスをご紹介します。

(スマホといいながら一眼レフをかまえていますが、そこはご愛嬌で)

 

20160421082552

 

ここ数年、飲食店に行くと食べ物を 「食べる前に撮る!!」(写真を) なんて光景よく目にしますね。

 

ブログやFacebookなどに掲載して楽しむなど、

みなさんも経験があるのではないでしょうか。

私も時々写真を撮ってFacebookにあげたりしています。

 

そんな時、せっかくブログやFacebookにあげるのだから、

少しでも雰囲気が伝わる写真がいいと思いませんか?

 

そんな写真と撮るときの

スマホでできる簡単なコツをご紹介します。

 

 

まずはこの写真です。

 

01

 

確かに何を食べてるかは分かります。

ただし平面的だし、食べ物が写真のギリギリに撮られていて

ちょっと窮屈な感じがします。

 

 

 

続いてがこちらです。

 

02

 

 

角度をつけて写真を撮ることで、食べ物や器が立体的に見えます。

また背景にコップや箸たてが写ることで

写真に奥行きが生まれ、空間を感じられます。

そして実は食べ物の全体が写っていなくてもいいのです。

 

 

またこんな効果もあります。

 

お店など、ライティングが決まっている場所で上から写真を撮ると

どうしても自分の影が写真に入ってしまいます。

そのため食べ物の照りや光の反射が写真に写らなくなり、

せっかくのおいしそうな感じが半減してしまいます。

 

 

03

 

04

 

実はこの照りや食器の光の反射が

おいしそうなごはん写真を撮るときの

もっとも大切なポイントです。

照りや光の反射が俗に言う「しずる感」を表現してくれるのです。

 

 

ちなみに本記事で使用している写真も、

私が会社の昼休憩で行ったお店で撮った写真です。

もちろんスマホ (iPhone 6) で撮影してます。

 

とても簡単なので、明日からでもできます。

みなさんも 「食べる前に撮る!!」 時はぜひ試してみてください。

category :   |  posted by : takayuki ueki