ABOUT US

- MEMBER -

最高のチームに到るまで
ラグビーもビジネスも
同じ道を辿ると思うよ。

チームビルディングコーチ


宮下 テツロー –野人–

 tetsuro miyashita

スポーツ無名の進学高校、野球部で絶対エースであったがなぜか突如ラグビーへ転身、その後関東学院大学ラグビー部に所属。97年度の大学選手権では伝説のセービングで初優勝に導き、98年度の大学選手権で2連覇を達成する。

卒業後はサラリーマン人生を歩むが、当時異例のプロセスを経てラグビートップチームへ移籍。東芝府中ブレイブルーパスにてフランカーとして唯一無二の活人タックルと圧倒的なチーム(人間)発酵力を発揮し10度の優勝に貢献。野人だらけのラグビー界において唯一「野人」と呼ばれた男!ラグビー日本代表を経験し現在の日本ラグビーの礎を築いた。

2010年現役引退後は、当時の日本代表主将の廣瀬俊朗をはじめ多くの代表選手に、武術のメソッドを用いた体幹チューニングを500回以上行い心身をサポートした。またトップアスリートやビジネスパーソンのための「セカンドキャリア会」や「パッション寺子屋」を主宰し5年間(60回開催)で100名、延べ1000名以上にソリューションを提供した。

後輩リーチ・マイケル率いるラグビー日本代表が2019W杯で命懸けで世界に向けて発信した「世界初日本発のダイバーシティ」のバトンを、これからの社会で受け継ぎ体現する、という志の下、高度外国人人材をサポートする活動も行っている。

座右の銘

剣禅一如

わたしの興味

1 タックル
2 チーム(人間)発酵
3 ピラティス
4 武術
5 ピアノ
6 物理学
7 お節介

※20200212 現在

tetsuro miyashita 's strong field

相手が身構えるより一瞬速く入るタックル
想像するより遠くから入るタックル
魂の芯(本質)を呼び起こすクリティカルタックル
全ての人を発酵させる活人タックル
その場を発酵させるファシリテート(存在感)